私たちが『SDGs』で主に取り組む具体的な目標は次の通りです

こうち中央社労士事務所の取り組み

SDGS17の目標

SDGSの169ターゲット

こうち中央社労士事務所の事業



4.質の高い教育をみんなに〜すべての⼈に包摂的かつ公正な質の⾼い教育を確保し、⽣涯学習の機会を促進する〜

4.4 2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる

・適切な能力開発、教育訓練の機会をスタッフに提供している



5.ジェンダー平等を実現しよう(ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う)

5.5.政治、経済、公共分野でのあらゆるレベルの意思決定において、完全かつ効果的な女性の参画及び平等なリーダーシップの機会を確保する。


5.C.ジェンダー平等の促進、並びに全ての女性及び女子のあらゆるレベルでの能力強化のための適正な政策及び拘束力のある法規を導入・強化する。

・社内研修支援(ハラスメント研修、アンガーマネジメント研修、定着支援研修、管理職研修など)

・多様な働き方への制度支援

・くるみん取得支援、コンサルティング



8.働きがいも経済成長もすべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

8.5 2030年までに、若者や障害者を含む全ての男性及び女性の、完全かつ生産的な雇用及び働きがいのある人間らしい仕事、並びに同一労働同一賃金を達成する。

・同一労働同一賃金対応支援

・70歳までの継続雇用コンサルティング

・ハラスメント全般サポート(企業内研修・カウンセリングサービス)

・カムバック制度導入サポート

・外国人雇用の支援

・治療と仕事の両立支援

・多様な働き方の支援

・人事制度導入サポート

・ワークライフバランスの推進



10.人や国の不平等をなくそう

国内および国家間の格差を是正する

10.3 差別的な法律、政策及び慣行の撤廃、並びに適切な関連法規、政策、行動の促進などを通じて、機会均等を確保し、成果の不平等を是正する。


10.4 税制、賃金、社会保障政策をはじめとする政策を導入し、平等の拡大を漸進的に達成する。

・企業研修提供による支援

・就業規則や制度見直しの企業支援

・セミナーや広報による法改正の周知

・運用の継続的支援

・人事制度設計等のサポート



16.平和と公正をすべての人に

持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する

16.b 持続可能な開発のための非差別的な法規及び政策を推進し、実施する。

・セミナーや広報による法改正の周知

・運用の継続的支援

・多様な働き方の支援

・人事制度導入サポート

・外国人労働者の適正な労務管理の指導